開館10周年記念展 庭をめぐれば

会期:2012年4月21日(土)─ 8月31日(金)

主催:ヴァンジ彫刻庭園美術館

古来より「庭」は、日本人にとって生活に寄り添う場所であり、瞑想しながら道行き、四季の移り変わりを愛でてきました。木や石の配置に、「見立て」という象徴の言語を隠した古の作庭法は、哲学と自然観などそこで育まれた高度な精神文化を体現したものといえるでしょう。
今日ジャンルの枠組みを超え脱領域的に広がりをもつ表現は、自らの中に流れる内なる時間や行為、知覚の移ろいを関係づけ、組み替えていく面をもつようです。自然と人工のはざま、風景と建築のはざま、広大な生態系のひとつの小宇宙であり、「庭」は、日常に在りながらそれを超えていく場所として、私たちの前に開かれています。
現代日本に生きるわれわれは、「庭」で何を見、何を想い、何をなすのでしょうか。 「庭」という場の可能性を探る本展は、現実の「庭」がそうであるように映し鏡となりわたしたち自身を照らし出すこととなるでしょう。
開館10年の歩み、美術館の特色と活動を「庭」というテーマに重ね、今という地平を切り開く19組の日本の現代作家をご紹介いたします。

【出品作家】(アイウエオ順)
イケムラレイコ、植原亮輔と渡邉良重、小粥丈晴、狩野哲郎、川内倫子、木村友紀、
草間彌生、さとうりさ、杉戸洋、須田悦弘、竹川宣彰、長島有里枝、奈良美智、
日高理恵子、古屋誠一、丸山直文、三嶋りつ惠、村瀬恭子、レインボー岡山

  • 川内倫子《Untitled (Cui CUiシリーズより)2008年

  • 村瀬恭子《watering pot》2007年

  • 奈良美智《Wink Away Your Tears》2005年 ©Yoshitomo Nara

  • 杉戸洋《spider song》2004年 ©Hiroshi Sugito

ヴァンジ彫刻庭園美術館に隣接する IZU PHOTO MUSEUM では、現代美術作家、杉本博司による2つの坪庭を併設しています。小田原根府川の自然石を景石にした前庭と石積みによる古墳をテーマとした中庭が、四季折々の豊かな自然と調和します。
※ご鑑賞にはIZU PHOTO MUSEUMの入館料が必要となります

展覧会関連刊行

  • 庭をめぐれば

    B5判変型/ソフトカバー/116ページ/掲載図版約60点
    価格:1,800円(税別/税込1,890円)
    発行:ヴァンジ彫刻庭園美術館
    発売:NOHARA

関連イベント