須田悦弘 ミテクレマチス

Suda Yoshihiro: Mite Clematis

会期: 2018年4月22日(日)–10月30日(火)

主催: ヴァンジ彫刻庭園美術館

自然とアートの重なりあう庭園美術館で須田悦弘が問う、花を愛でることの価値

須田悦弘(すだ・よしひろ)は、本物と見間違えるほどに精巧な花や草木の彫刻作品をインスタレーションと呼ばれる展示方法で発表し、国内にとどまらず海外でも高い評価を受けている気鋭の美術作家です。独学で木彫の技術を身につけた須田は、薄い花びらや葉、細い蔓などを朴の木から繊細に彫りおこして彩色し、さまざまな植物を制作してきました。たった一輪の花や小さな雑草の作品が置かれることで、空間全体の見え方が大きく変わり、私たちに新鮮な驚きをもたらす須田の作品は、見ることそのものの意味を静かに問いかけているようです。

美術館に併設されたクレマチスガーデンでは、約250品種2,000株以上のクレマチスが1年を通じて咲き、季節ごとに庭園を彩ります。クレマチスもまた、作家にとって尽きることのない魅力をもつ花であり、本展ではクレマチスを中心とする最新作が多数ご覧いただけます。園芸品種としての歴史や、造形的な美しさへの関心から、対象を深く観察し作られる須田のクレマチスは、美に対する私たちの感性を刺激してやみません。古来より人々が自然に魅せられ、愛でてきたこと、そして文化を育み、芸術作品を享受してきたこと、植物への洞察と考証から生み出される須田の作品は、それらについて自然とアートの重なる場所で、新たな視点を提示してくれることでしょう。美術館と庭園に咲き誇るクレマチスの競演を、ぜひご堪能ください。

  • 《モンタナ》2018年、木に彩色 © Suda Yoshihiro Courtesy of Gallery Koyanagi

  • 《クレマチス》2017年、木に彩色 © Suda Yoshihiro Courtesy of Gallery Koyanagi

  • 《テッセン》2012年、木に彩色 © Suda Yoshihiro Courtesy of Gallery Koyanagi

  • 《テッセン》2012年、木に彩色 © Suda Yoshihiro photo: Kei Okano

  • 《雑草》2008年、木に彩色 © Suda Yoshihiro Courtesy of Gallery Koyanagi

  • 《雑草》2017年、木に彩色 © Suda Yoshihiro Courtesy of Gallery Koyanagi

開館時間:4–8月 10:00–18:00/9・10月 10:00–17:00(入館は閉館の30分前まで) 
休館日:水曜日(5月2日(水)、8月15日(水)は開館)
※8月18日(土)はキャンドルナイト・コンサート開催のため15:00で一時閉館させていただきます
協力:ギャラリー小柳
入館料:大人1,200円(1,100円)/高・大学生800円(700円)/中学生以下無料
※( )内は20名様以上の団体割引

  • 作家インタビュー

作家紹介

  • 須田 悦弘 Suda Yoshihiro

    1969年山梨県生まれ。1992年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。多摩美術大学彫刻学科客員教授。現在、東京在住。
    近年の主な個展に毓繡美術館(南投、台湾、2017年)、千葉市美術館(2012年)、クラクフ日本美術技術センター(ポーランド、2011年)、ギャラリー小柳(東京、2010年、’07年、’99年、’97年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川、2006年)、国立国際美術館での「三つの個展」(大阪、2006年)など。
    近年の主なグループ展に「Jardins」(グラン・パレ、パリ、フランス、2017年)、「開館90周年記念展 木々との対話─再生をめぐる5つの風景」(東京都美術館、2016年)、カルタヘナ・ビエンナーレ(コロンビア、2014年)、「Mono No Aware, Beauty of Things: Japanese Contemporary Art」(エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク、ロシア、2013年)、シドニー・ビエンナーレ(オーストラリア、2012年)、「開館10周年記念展『庭をめぐれば』」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2012年)など多数参加。

展覧会関連刊行

  • 「須田悦弘 ミテクレマチス」展覧会カタログ

    発行:ヴァンジ彫刻庭園美術館
    発行日:2018/6/9
    ISBN:978-4-904257-44-9

    書籍詳細

    作家にとって尽きることのない魅力をもつクレマチスの最新作を中心に、ヴァンジ彫刻庭園美術館での展示風景の図版を17点収録。
    これまでに制作してきたクレマチスの作品図版や学芸員による論考も収め、作品の魅力を堪能できる展覧会カタログ。

関連イベント

  • クレマチスガーデンについて

    ヴァンジ彫刻庭園美術館の庭園内には、さまざまな品種のクレマチスが四季折々に咲き誇り、一年を通してクレマチスの魅力をご鑑賞いただけます。クレマチスと他の植物を組み合わせることにより、さらに美しい表情が生まれ、四季とともに移り変わるクレマチスと植物たちのハーモニーをお楽しみください。
    クレマチスガーデン詳細

  • 広報媒体のみなさまへ

    報道用資料をご用意しております。
    広報用画像などのご案内はプレスリリースをご覧下さい。
    取材のお申込みはクレマチスの丘コミュニケーションセンター(Tel. 055-989-8785(水曜休))までお問い合わせ下さい。