イベント

「須田悦弘 ミテクレマチス」
クロージングトーク 須田悦弘×舟越桂

2018年10月28日(日)14:00–15:30

ヴァンジ彫刻庭園美術館

楠を素材とする木彫の半身像を制作し、国内外で高い評価を得てきた彫刻家の舟越桂氏をお迎えし、須田悦弘氏と彫刻について対談いただきます。

出演
須田悦弘、舟越桂(彫刻家)、森啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)

定員
150名 全席自由 要予約

料金
当日の入館料のみ

予約方法
お電話にてお申し込みください。
クレマチスの丘コミュニケーションセンター
Tel. 055-989-8785(水曜休)

プロフィール

  • 須田 悦弘 Suda Yoshihiro

    1969年山梨県生まれ。1992年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。多摩美術大学彫刻学科客員教授。現在、東京在住。
    近年の主な個展に毓繡美術館(南投、台湾、2017年)、千葉市美術館(2012年)、クラクフ日本美術技術センター(ポーランド、2011年)、ギャラリー小柳(東京、2010年、’07年、’99年、’97年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川、2006年)、国立国際美術館での「三つの個展」(大阪、2006年)など。
    近年の主なグループ展に「Jardins」(グラン・パレ、パリ、フランス、2017年)、「開館90周年記念展 木々との対話─再生をめぐる5つの風景」(東京都美術館、2016年)、カルタヘナ・ビエンナーレ(コロンビア、2014年)、「Mono No Aware, Beauty of Things: Japanese Contemporary Art」(エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク、ロシア、2013年)、シドニー・ビエンナーレ(オーストラリア、2012年)、「開館10周年記念展『庭をめぐれば』」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2012年)など多数参加。

  • 舟越 桂 Funakoshi Katsura

    1951年岩手県生まれ。1977年東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。東京造形大学客員教授。現在、東京在住。1986年から87年まで、文化庁芸術家在外研修員としてロンドンに滞在。
    近年の主な個展に西村画廊(東京、2016年、’10年、’08年、’06年、’02年、’01年、’96年、’95年、’93年、’91年、’90年、’88年、’85年)、ギャルリー・クロード・ベルナール(パリ、2016年)、ヴィスバーデン美術館(ドイツ、2015年)、「舟越桂 私の中のスフィンクス」(兵庫県立美術館他4館を巡回、2015–16年)など。主な国際展に「ドクメンタIX」(カッセル、ドイツ、1992年)、「第43回ヴェネツィア・ビエンナーレ」(イタリア、1988年)など。
    第18回平櫛田中賞(1997年)、第33回中原悌二郎賞(2003年)、第50回毎日芸術賞(2009年)、第59回芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門) (2009年)、紫綬褒章(2011年)などを受賞。

関連する展覧会