Clematis no Oka

Clematis no Oka Mail News
2019年2月配信号

Exhibition開催中の企画展

ヴァンジ彫刻庭園美術館

《白磁 梅瓶》2018年 © Taizo Kuroda Photo: Tadayuki Minamoto

黒田泰蔵 白磁

会期:4月9日(火)まで

国内外の主要な美術館にコレクションされ、世界的に活躍する陶芸家・黒田泰蔵。「轆轤成形、うつわ、単色」という条件から創り出される研ぎ澄まされた美しい白磁は、長く人々を魅了してきました。カナダから帰国した後、伊豆に窯を構え、以来40年近く静岡の地でうつわの可能性を追求し続けてきた黒田による美術館での待望の初個展です。

展覧会詳細を見る

写真:木寺憲吾

うつわ茶房 KEYAKI 「黒田泰蔵」展

「黒田泰蔵 白磁」の会期中、うつわ茶房 KEYAKIにて、黒田泰蔵の白磁作品を展示・販売いたします。

詳細 | www.tessen.jp

井上靖文学館

「白銀の王座」ロケ写真(若桜町教育委員 所蔵)

井上靖と映画 銀幕を彩った作品たち

会期:3月19日(火)まで

井上靖の作品は「映像が目に浮かぶ」と言われ、数多く映像化されてきました。特に「氷壁」や「風林火山」、「天平の甍」など、映画を通して井上作品に出会った人も少なくないことでしょう。
本展では、これまで映画化された43作品について資料を展示し、その世界を紹介します。また、井上が新興キネマ社の脚本部に在籍していた当時、シナリオに関わった映画「白銀の王座」(1935年・内田吐夢監督)のパンフレット、スチール写真など、新たに発見された資料を初公開します。

展覧会詳細を見る

ベルナール・ビュフェ美術館

ちいさなアーティスト展 第38回絵画展 入賞・入選作品展

会期:3月5日(火)まで

ベルナール・ビュフェ美術館が年一回開催している「絵画展」の入賞・入選作品の展覧会です。「第38回絵画展」(2018年に募集)の入賞・入選作265点を一堂に展示しています。

展覧会詳細を見る

Event

クレマチスの丘では、様々なイベントを開催いたします。大人の方もお子さまも、季節の移り変わりを五感で感じる豊かなひとときをお過ごしください。

注目のイベント

クレマチスガーデン「クレマチス 今行っておきたい休眠期中のお手入れ方法」
冬咲きクレマチス・アンスンエンシスの花が咲く2月のガーデンを眺めながら、冬期に行いたい、落葉品種のクレマチスに対する管理方法をテーマに講習会を開催いたします。
講師には、NHK趣味の園芸でもおなじみの金子明人先生をお迎えし、系統ごとの剪定方法、植え付け・植え替え、施肥などの基本作業、さらに少し上級者向けのテクニックまで、先生によるデモンストレーションを交えながら、分かりやすくご説明いただきます。

日時:2019年2月10日(日) 午前の部 10:30–12:00/午後の部 13:30–15:00
講師:金子明人氏
会場:クレマチスガーデン ティーハウス「ガーデナーズハウス」
定員:各回10名
料金:1,500円(クレマチスガーデン/ヴァンジ彫刻庭園美術館入館料含む)
参加方法:お電話にてお申込ください

ご予約・お問い合わせ
クレマチスの丘コミュニケーションセンター
TEL:055-989-8785(水曜休)

イベント詳細を見る

冬のイベントスケジュール

ベルナール・ビュフェ美術館

「富士山の日 さがしてみようマップ」

2月23日(土)は富士山の日です。富士山について理解と関心を深める日として、静岡県では2009年に制定されました。
ベルナール・ビュフェ美術館では、2月23日(土)のみ、館内でビュフェ作品をみながら答えを探す「富士山の日 さがしてみようマップ」をご用意しております。参加した方には記念品をプレゼント。子どもから大人まで、どなたでも参加いただけます。
クレマチスの丘に向かう道中、正面に立派な富士山をご覧いただけます。富士山を近くに感じる1日を、クレマチスの丘で過ごしませんか?

日時:2019年2月23日(土) 10:00-17:00(最終入館は16:30)
会場:ベルナール・ビュフェ美術館
料金:無料(当日有効の入館券のみ必要)

お問い合わせ

ベルナール・ビュフェ美術館
TEL:055-988-1300(水曜休)

イベント詳細を見る

井上靖文学館

文学館講座「脚本部時代の井上靖と映画『白銀の王座』」

井上靖は大学時代に映画会社の脚本部に所属していました。本講座では、井上が脚本に関わった映画を新たに発見した根本さんをお招きし、知られざる脚本部時代を語っていただきます。

日時:2019年3月3日(日) 14:00-15:00
講師:根本隆一郎氏(NPO法人 古き良き文化を継承する会代表)
会場:井上靖文学館
定員:20名
料金:無料(当日有効の入館券のみ必要)
参加方法:お電話にてお申込ください

ご予約・お問い合わせ

井上靖文学館
TEL:055-986-1771(水曜休)

イベント詳細を見る

ギャラリートーク

学芸員によるギャラリートーク

展覧会会場にて担当学芸員が展覧会の見どころや作品をわかりやすく解説します。ぜひご参加ください。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

黒田泰蔵 白磁

会期中の毎週土曜日 各日14:15–(約30分間)

ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀(後期展)

会期中の第2・4日曜日 各日11:15–(約30分間)

GARDEN

アンスンエンシス

早春のクレマチスのお手入れ

アンスンエンシスの花が今を盛りと、白い花を房なりに咲かせています。
冬の庭にはなくてはならないクレマチスですが、アンスンエンシスの他にもユニークな花姿のナパウレンシスもこの時期限定で楽しめるお薦めのクレマチスです。
春から大輪の花が咲く系統のクレマチスには、節々に大きな丸い芽を確認することができ、来春の開花が待ち遠しくなります。
この時期は、春に良い花を咲かせるために行なう「剪定」の時期でもあります。系統や品種に適した剪定作業を、2月中旬ぐらいまでには終わらせるようにしましょう。
また、地中の地力アップのためにも「寒肥」と「堆肥」を土の中にすきこみ、根の生育を促進させることがとても大切です。
基本的には根を触られることが苦手なクレマチスですが、株元から少し離れた場所に穴を掘り、掘り上げた土に堆肥や有機肥料を混ぜて埋め戻す方法がおすすめです。
株の周辺全体を掘ってしまうと根が弱ってしまう可能性がありますので、何か所かスポット的に穴をあけて行ってください。翌年は、今年掘らなかった場所に穴をあけ、同作業を行いましょう。
鉢植えも同様に、鉢の隅に肥料や堆肥を置いて地力アップをしておきます。
冬の間には、ラベルの消え忘れのチェックや備品等のチェックをしておくことも大切です。昨年、挿し芽をした苗は寒さには問題ないものの、霜柱で株が持ち上げられないようにマルチング等をしておくことも有効です。大手種苗会社のカタログにもクレマチスが紹介されています。カタログを眺めながら、今年はどのような庭作りをしていこうか考える季節でもありますね。並行して、フォステリー系やアーマンディー系の蕾も蔓の節々に見え始める季節となりました。これから訪れる春への期待が膨らみます。

(文/日本クレマチス協会理事 金子明人)

ガーデン情報

早春の庭園の楽しみ方

2月の丘では、可愛いらしい冬咲きのクレマチス アンスンエンシスが咲き、小球根の花々も顔を出しはじめ、春の息吹を庭園のそこかしこに感じるようになりました。冬の澄んだ、柔らかな光のなか、今の季節にしか感じられない小さな春の兆しを見つけに庭園を訪れてみませんか。

庭園の入口やガーデナーズハウス、カナールの壁一面に一斉に開花し始めた可憐なベル形のクレマチス アンスンエンシス。2月上旬ごろまで、こぼれるように壁一面に咲く様子を楽しむことができます。

スノードロップ

スノードロップは、待雪草(マツユキソウ)とも呼ばれ、雪の中や近くに成長します。冬の終わりから春先にかけて花を咲かせるため、春を告げる花としても知られています。また、キリスト教に馴染みが深い花として、修道院の庭などでもよく育てられています。クレマチスの丘では1月中旬ごろから、庭園のクスノキの丘に咲きはじめます。

クレマチスの丘の庭園は、開館当初からのガーデナーチームによって、たくさんの愛情と技術をもって育まれてきました。春にクレマチスやバラが華やかに競演するためには、冬期の丁寧な枝の誘引作業が欠かせません。

庭園には、多種多様なクリスマスローズが植栽されており、庭園内のいたる場所でご覧いただけます。12月末頃から咲き始めるクリスマスローズですが、4月頃まで長く楽しむことができます。

満開の頃の様子

《竹林の中の男》の足元にあるクロッカスも咲き始めました。クロッカスの中でも、この2月から開花する早咲きタイプは「寒咲きクロッカス」と呼ばれ、3月に開花するクロッカスよりも花のサイズは一回りほど小さいのが特徴です。2月中旬以降が見頃です。

虫や鳥たちの声であふれていた春や夏の庭園とは対照的に、静かな時間が流れる冬の庭園。ひんやりと澄んだ空気に降り注ぐ柔らかな日差し、春の息吹きを感じさせる植物たちの力は、私たちの感覚を研ぎ澄まし、心も身体もきれいに浄化してくれるようです。早春の庭園で、ゆっくりと穏やかな時間をお楽しみください。

Restaurant / Shop / Wedding

Restaurant

レストラン情報

クレマチスの丘の各レストラン・カフェには、春を感じさせる食材が届き始めました。冬の名残りと春の走りの交差点のように、味わい豊かな食材の数々をご堪能ください。

レストラン情報を見る

季節のおすすめデザート

この時期のクレマチスの丘のカフェには、窓から冬の柔らかな光が差し込み、優しい時間が流れています。心がじんわりと温かくなるような、甘くて特別な「チョコレートデザート」でくつろぎのひとときを過ごしてみませんか?

ピッツェリア&トラットリア CIAO CIAO

「サルティンボッカ」¥1,000
ピザ生地を開いて、チョコレートペースト・リコッタチーズ・ドライフルーツ・イチゴを挟み、熱々に焼き上げた、ドルチェピッツァ。2月限定、ティータイム(14:30–17:30)にご用意しています。

うつわ茶房 KEYAKI

「豆乳ホットチョコレート」¥700
寒い時期に飲みたくなるホットチョコレート。牛乳の代わりに豆乳を使って、優しい甘さとリッチでコクのある味わいに仕上げています。お子様にもおすすめです。

カフェ TREEHOUSE

「柚子とコリアンダーのチョコレートケーキ」1カット¥650
地元の柚子をあしらった、TREEHOUSEオリジナルのチョコレートケーキ。薪ストーブのぬくもりに包まれて、ゆっくりと心落ち着くひとときをお過ごしください。

Shop

クレマチスの丘オリジナルグッズのご紹介

クレマチスの丘では、普段使いしたくなるようなアイテムから贈りものにピッタリな品物まで、さまざまなオリジナルグッズをご用意しています。今号ではその中から、個性豊かなデザイン、色、サイズを取り揃えた「オリジナルトートバッグ」をご紹介。お気に入りのバッグと一緒にクレマチスの丘を散策してみませんか?

左上から時計回りに、

  • 小鳥のための家プロジェクトオリジナルトートバッグ ¥1,260
    画家・持塚三樹氏のイラストが引き立つ、黄色が鮮やかなバッグ。同じイラストのTシャツもございます。
  • フラワーショップ ビオトープガーデンオリジナルトートバッグ ¥685
    デザインは、静岡を拠点に活動する池ヶ谷知宏氏。シンプルなデザインで、缶バッジなどを付けるのもおすすめ。ランチバッグに最適なサイズです。
  • Clematis no Oka オリジナルトートバッグ ¥1,944
    デザインユニット KIGIによるオリジナルバッグ。柔らかいコットン地で、便利なポケット付き。イラストは、KIGIの渡邉良重氏がクレマチスの丘をイメージして描き下ろしました。
  • TREEHOUSEオリジナルトートバッグ(S)横 ¥2,000
    カフェ&ショップTREEHOUSEのロゴをあしらった、KIGIデザインのバッグ。珍しい横長の形が特徴的です。
  • ベルナール・ビュフェ美術館オリジナルトートバッグ(M) ¥1,800
    ベルナール・ビュフェのドライポイント作品(挿画本『声』ジャン・コクトー原作より)がプリントされたオリジナルバッグ。他の作品がプリントされたバッグもございます。
  • Clematis no Oka オリジナルトートバッグ ¥1,944
    デザインユニット KIGIによるオリジナルバッグ。プリントされたイラストは、クレマチスガーデンにある鏡池がモチーフになっています。池の中央にはジュリアーノ・ヴァンジの作品も。
  • ヴァンジ彫刻庭園美術館企画展「イケムラレイコ PIOON」オリジナルトートバッグ ¥1,620
    ヴァンジ彫刻庭園美術館企画展「イケムラレイコ PIOON」(2014年)のメインヴィジュアルに使用された《Baby Hare》と展覧会ロゴがプリントされています。

取り扱いショップ

  • カフェ&ショップ TREEHOUSE 電話 055-986-1300
    TREEHOUSEオリジナルトートバッグ(写真右上)
    ベルナール・ビュフェ美術館オリジナルトートバッグ(写真右下)
  • ミュージアムショップ NOHARA BOOKS 電話 055-989-8785
    そのほかのバッグ

各ショップ店頭には、今回ご紹介した以外のデザインも取り揃えております。

一部商品はNOHARA BOOKSオンラインショップでも発売中
NOHARA BOOKSオンラインショップ

Wedding

クレマチスの丘ウェディングのご案内

おふたりの一生に一度のたいせつなひとときをより印象的に彩る、クレマチスの丘の豊かな自然とイタリアを代表する具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの作品の数々。そして、花嫁を一層輝かせるウェディングブーケをはじめ、こだわりの装花で新たな人生の始まりを。ゲストの皆様の記憶に刻まれるクレマチススタイルのウェディングを叶えてみませんか。
資料送付やご案内も随時承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

クレマチスの丘コミュニケーションセンター
TEL:055-989-8785(水曜休)

詳細 | https://www.clematis-no-oka.co.jp/021_wedding/01.html
資料請求 | https://www.clematis-no-oka.co.jp/021_wedding/07.html

・本ページはクレマチスの丘メールマガジン購読者限定の特設ページです。
・プレゼント応募フォーム、クーポンはメールマガジン本文をご覧ください。メールマガジンについてご意見、ご要望等ございましたら、プレゼント応募フォーム内のアンケートにて、ぜひお聞かせください。

発行
クレマチスの丘メールマガジン編集室
〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
TEL:055-989-8785(水曜休)
FAX:055-989-8790