クレマチスの丘のイベント・ワークショップ

NOHARA BOOKS




setoのクリスマス


会 期|2019年11月22日(金)–12月25日(水)
定休日|水曜日(12月25日は営業)
時 間|10:00–16:30
会 場|NOHARA BOOKS

生き物や自然をテーマに作品を作り続ける、デザインレーベルsetoによるフェア「setoのクリスマス」を開催いたします。鎌倉からやってきたsetoの仲間たちと色々な本との出会いを、どうぞお楽しみください。

 

 

 

冬を彩るクリーチャーバッグ


setoのクリーチャーバッグは、ヒトにぶらさがったり、バッグに潜んだり、本物の生き物のように生活に寄り添ってくれます。どの子もクリスマスギフトにもぴったり。冬のおでかけを楽しく彩ります。
今回は、80年の歴史を持つ自由学園生活工芸研究所の オリジナルテキスタイル、“プラネテ”の美しい縞模様を使った コラボレーションラインを中心にご紹介します。デッドストックや裁断後の端材などの、異なる縞々のプラネテ生地をつなぎ、自然が織りなす層に倣い、様々な色が響きあう美しい偶然の「層」をデザインしました。
1匹ずつ異なる『層』シリーズを中心に、冬にしか現れないテディベアのような毛並みの貴重種「冬毛(Teddy fur)」バージョンもNOHARA BOOKSにやってきます。





本の虫を探せ! 2


昨年の夏にも現れた、怪しいヘンテコな虫「bookworms /ブックワーム」がふたたびNOHARA BOOKSに住みついたようです。
「bookworms」はその名の通り、本に住みつく不思議な虫です。ただし、本を食べてしまうような迷惑な虫ではなく、本好きで、文字を読むことで生きているようです。また「しおり」として、本好きの人のお手伝いをしてくれます。背中の模様に色鉛筆などで色を付け、かわいいヒモをおしりに結べば、あなただけのかわいい「bookworms」に。ぜひ本の間を探してみてください。面白そうな本に限って彼らは潜んでいますよ。
発見したら商品(NOHARA BOOKS全商品対象)をお買い上げの際にレジまで連れてきてください。お一人様2匹までをプレゼントいたします。
今回新しく登場する「bookworms」は、自由学園生活工芸研究所監修による縞々模様。縞々のクリーチャーバッグとおそろいにするのもいいですね。ぜひあなただけの縞々をデザインしてください。




setoおすすめ、自然や生き物にまつわる本


自然の仕組みや、生き物の営みをデザインに落とし込むseto。自然から学ぶ、生き物から学ぶ、そんなsetoおすすめの本を特設コーナーでご紹介します。




 


 


seto

 

seto_セト 瀬戸けいた・瀬戸なおよ


夫婦によるデザインレーベル。 自然や生き物をモチーフとした、デザインやアートワークを制作しています。

物を自然や生き物に見立て、シンプルに削ぎ落とされてはいるが、どこか温かみがあるデザイン。それがsetoの特徴です。

海と山に囲まれた街、鎌倉で自然を観察しながら創作活動をしています。鎌倉駅近くに小さなアトリエショップがあります。

ビュフェこども美術館の遊べる布オブジェ「しぜんのかけら」、ミュージアムショップで販売されているクリーチャーバッグシリーズなど。クレマチスの丘にも、ちらほらと出没しています。

ウェブサイト www.setodesign.jp
instagram www.instagram.com/setodesign/
Facebook www.facebook.com/setodesign