線の画家 ベルナール・ビュフェ

会期: 2022年3月12日(土)- 2023年3月26日(日)
前期2022年9月27日(火)まで 後期2022年9月30日(金)より
  • ニューヨーク:マンハッタン 1958年 油彩

  • 《水差しのある静物》1949年 油彩

  • 《えび》1958年 油彩

  • 《ぺロス=ギレック》1973年 油彩

  • 《ドン・キホーテ、鳥と洞穴》1988年 油彩

予約不要でご覧いただけます 前期・後期で一部の作品を入れ替えます

【新館展示室】
画面を覆うひっかき傷のような線、黒い輪郭線、鋭く突き刺さる垂直線…ベルナール・ビュフェといえば「線」で語られてきました。しかしその線は決して一様ではありません。ビュフェの「線」はいつ生まれ、画家は「線」で何を表現しようとしていたのでしょうか。

第二次世界大戦直後に描かれた初期作品では、鉛筆で描きこまれた無数の線、そして細い線を幾筋も重ねるように描かれた輪郭線が目を引きます。戦後の空気と、その痛いような線の表現は見事に呼応し、ビュフェは19歳にして批評家賞を受賞します。当館の創設者が「絶望のオリジナリティ」と呼んだビュフェの「悲哀と絶望に満ちた線」は、たちまちのうちに世界を席巻し、ビュフェを時代を代表する画家にしました。「線」は、一目でわかるビュフェの代名詞となっていったのです。

やがて戦後の空気が薄れ、ビュフェへの評価が変わっても、ビュフェは自身の線を追求し続けます。時にはますます太く黒く世界と「もの」を隔て、時には、絵の具のかたまりとしてカンヴァスに厚く盛り上がり、時にはいまにも溢れ出さんばかりの色彩を封じ込め、時には細く繊細に風景を彩ります。1980年代には、ビュフェは自在な線を駆使し、《ドン・キホーテ》の壮大な物語の個性的な登場人物たちを描き出します。晩年、病に侵されてからも、ビュフェの線の力は変わりません。最後のテーマ展「死」の連作にいたるまで、ビュフェの線の変遷にみちびかれながら、その画家人生をたどります。(全館で100点以上のビュフェ作品をご覧いただけます)

【本館・中展示室】
ベルナール・ビュフェ美術館導入部分となる本館・中展示室では、初期作品を通じて、ビュフェがデビューした時代の空気と、その作品が当時どのように受け入れられていたかを紹介します。

ベルナール・ビュフェは1928年パリ生まれ。10代のほとんどを第二次世界大戦中に過ごしました。戦中・戦後の物資の乏しいときにも、工夫をかさね絵を描き続け、1948年、19歳での『批評家賞』の受賞をきっかけに、一躍人気画家となります。
ちょうどこのころ、1940年代末から1950年代にかけては、さまざまな分野の文化人、芸術家たちがパリのサン=ジェルマン=デ=プレ界隈のカフェで交流し文化を生み出していました。神経質な細い線、色彩のなさ、投げ出されたかのようなモチーフなど、ビュフェの表現は、サン=ジェルマン=デ=プレの“顔”であったサルトルやカミュの思想とも結びつけられ、熱狂的に支持されました。そうしたパリの空気の中、ビュフェは時代のシンボルとなっていったのです。

ビュフェの初期作品、およびパリを描いた作品とともに、サルトル、サガン、グレコなど、時代を彩った面々をとらえた写真も展示します(撮影:ロベール・ドアノー)。ベルナール・ビュフェを生み出した時代である「サン=ジェルマン=デ=プレの時代」を感じてみてください。

プレスリリースはこちらから

【お願い】2022年4月より、休館日が水・木の2日間となり、閉館時間が一部変更になります。来館をご計画の際には確認をお願いいたします。
くわしくはこちらから。
※2022年3月中は従来どおり水曜のみ休館です。