杉山明博さんのワークショップ2
「木の健康グッズをつくろう」

開催日 : 2017年8月27日(日) 13:30~15:30 開催場所 : ビュフェこども美術館

「森―いのちのかたち」展で木の造形作品を展示中の杉山明博さんによる、大人のためのワークショップです。

参加できる機会がもっとあればいいのに…という大人の方、マッサージに使える木のグッズ(2種から1つ選べます)と箸を作ってみませんか。
杉山さんが用意したある程度の原型を、削ったり、やすりで磨いたりして好みの姿に仕上げます。できあがった作品はもちろんマッサージに使えます!
手で仕上げることでうまれる微妙に不揃いな箸は、実は使う時とても脳を刺激するのだとか。そんな木の造形についてのお話を聞きながら、木を感じながら過ごすゆったりとした手作りの時間を楽しんでみませんか。

対象:中学生以上(木を削ったり磨いたりする道具を使います)

定員:15人(ご予約ください)

参加費:1000円(入館料が別途必要です)

※現在はキャンセル待ちのみの受付となっております。

プロフィール

  • Bernard Buffet Museum

    杉山明博

    1942年静岡県函南町生まれ。造形家。
    木材を中心にした作品を展開。日本文化の考えをベースとした作品づくりや、あかり、生きものたち、遊びと学びの一体化したこどもたちのための作品の提案など、活動は多岐にわたる。静岡市工芸指導所、愛知教育大学教育学部助教授、静岡大学教育学部教授(その後名誉教授)、富士常葉大学保育学部特任教授を歴任。
    著書『造る絵本シリーズ』小峰書店(1987年)、『発想する発見するデザインフォーマット』明治図書出版(2005年)ほか多数。企画展「木とのふれあいワールド1・2」(1998年・2002年全国巡回)、「造形の森展」(2001年全国巡回)、「木のものがたり」(2013年ビュフェ美術館)、「アートでZOO・あかりの造形・日本人のこころとかたち」(2016年佐野美術館)など、展覧会も多数開催している。

関連する展覧会