クレマチスの丘

文学館紹介

 
Go to Top  
井上靖文学館

メールマガジン

文学館紹介

年譜

企画展
 

井上靖文学館案内

文学館イメージ
井上靖文学館の軌跡へ
館内案内へ
ご利用案内へ
井上靖文学館の軌跡
1907年北海道旭川で生まれた井上靖は、幼少期を伊豆の天城湯ヶ島ですごし、沼津中学(現沼津東高校)で青春を謳歌しました。井上は自身の幼少年時代のことを名作「しろばんば」や、「あすなろ物語」などの作品において、天城湯ヶ島の自然と人間の営みとして描いています。天城は井上にとりまぎれもなく故郷であり、地元では郷土の作家として親しまれています。

井上靖文学館は1973年(昭和48年)11月25日、世界でもめずらしい、存命中の文学者の個人文学館として開館しました。当館は三島市郊外、愛鷹山(あしたかやま)の中腹にあり、“寒月ガカカレバ キミヲシヌブカナ 愛鷹山ノフモトニ住マウ”と「あすなろ物語」の中でうたわれた自然豊かなところです。
純日本風の白い文学館は、ベルナール・ビュフェ美術館と野外ステージに隣接しています。文学館の敷地内には椿の木、周辺には竹林があり、心やすらぐ日本情緒を感じさせてくれます。
文学館イメージ

2007年4月1日、生誕百年に館内リニューアルオープン。展示室中央にある70センチ角、高さ7メートルの大黒柱は“あすなろ(アオモリヒバ)”で覆われています。館内は木の温もりや優しさが感じられる展示室になりました。
館内案内
文学館イメージ 井上靖の全著作や生原稿、創作ノート、資料、文献、写真パネルなどを多数、収蔵しています。
生原稿は企画展で適宜展示しています。小説「氷壁」や実験で使われた「ナイロンザイル」、写真パネルなどを展示しています。
文学館イメージ 井上靖の家族をはじめ、彼自身の少年時代のスナップなどから、自伝的三部作の「しろばんば」(天城湯ヶ島)「夏草冬濤」(三島・沼津)「北の海」(金沢)を展示をし、井上文学のルーツをご覧いただけます。
井上靖の終生の関心事、西域・シルクロードの写真パネルや資料などが展示されています。
文学館イメージ 館内のガラスケースの中には、生原稿が展示されています。作家に専念する前は新聞社の美術記者をしていた井上が推敲した自筆原稿からは、井上作品の心を読みとれるでしょう。
文学館イメージ 1階の映像コーナーでは、生前の井上靖の声や作品を15分程度のDVDで鑑賞できます。2階はイベントスペースとして、読み聞かせや朗読会を開催しています。
ご利用案内
開館時間 ※ご入館は閉館30分前
1月 10:00~16:30
2・3月 10:00~17:00
4・5・6・7・8月 10:00~18:00
9・10月 10:00~17:00
11・12月 10:00~16:30
入館料
大人500円
(400円)
※( )は、20名様以上割引
※毎週水曜日は休館(祝日の場合はその翌日)
※2012年12月26日(水)―2013年1月6日(日)は
  休館いたします
高・大学生400円
(200円)
小・中学生 無料
(特別展示を除く)
アクセス
●マイカーの場合
東京方面から 東名裾野I.C. より南へ10km
名古屋方面から 新東名 長泉沼津I.C.あるいは東名 沼津I.C.より伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)へ、長泉I.C.出口R246右折/新東名 長泉沼津I.C.より5km
●電車の場合
JR東海道線「三島駅」下車
無料シャトルバス:北口(新幹線口)発
路線バス(富士急行):南口発3番のりば「駿河平行」、バス停「文学館・美術館入口」下車徒歩5分
※車椅子でご来館のお客様へ
文学館の通用口より車椅子でお入りいただくことができます。数段の階段はございますが、ご利用をご希望される方は前もって文学館(055-986-1771)までご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ
〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
井上靖文学館
TEL(055)986-1771
FAX(055)980-5313
このページのトップへ
ご意見・お問い合わせクレマチスの丘概要プライバシー・ポリシーサイトマップ